2013-03-27(Wed)

地獄の根っこ

ver3.10の内容については様々なブログで取り上げられていました。

その中で、我々は事前情報に踊らされすぎなんじゃないかという意見がありました。

言われてみると確かに、「これがくるからこの装備は要らない!」とか、

「次のパッチでこれがくるの楽しみ!→来なかったとか無いわ・・・」とか、

そういった会話は私の友人の間でもありましたし、私自身そう思っていた節はあります。

特に装備についてはお金が絡む事なので慎重になるのは当たり前なのですが、

そうして受動的に構えるとどうしても待ちに入ってしまう。

それは運営側からしても経営上苦しいでしょうし、

何より私達が純粋にゲームを楽しむ事が出来ない。

「次にこれがくるから~」では無く、「次は何がくるのかな~」となるようなゲーム。

NEXONとしてはそういった意味で私達の意表を突こうとした狙いがあったのではないか。

今になるとそうも思えまし、そうだとしたら達者な物ですね。














さて、そのver3.10ではルートアビスが実装されました。


Maple130326_191650.jpg
フォンボンは、ルートアビスに入ろうとしてくる者を混乱させるため時間を交錯させている。
半分人間で半分ニワトリで、四六時中お世辞を言っている単眼鏡をつけた災厄だ。







Maple130326_191758.jpg
ピエールは午後のお茶会だけを望んでいるが彼の計画には邪魔が入る。
彼は邪悪な難問と策略で多くのメイプラーの心を歪める。
哀れに見えるかもしれないが、ピエールは狡猾な輩だ。




Maple130326_191932.jpg
ファミリアの攻撃も回復されるようですね。







Maple130326_192124.jpg
彼女は庭を赤くすることに執着している。
あらゆる植物が赤く塗られるまで彼女は決して止まらない
たとえそれが汚れ仕事をさせるために豚を人間に変え、無垢なメイプラーを奴隷にすることを意味するとしても。







Maple130326_192421.jpg
イワーク。でかすぎるので胴体だけ。




4種類のボスが待ち受けているのですが、それぞれが独特な仕様を持っています。

魅力的なのは、これらのHPがそれなりというレベルだったり(ノーマル)、

受けるダメージがHP割合比例で、昔の殿様等のような参入障壁が無いこと。

これによって多くの人が挑戦出来るような仕様になっています。




Maple130326_175500.jpg

楓の1chルートアビス入口の様子。

その様はまるで全盛期のモンスターパークのようです。




Maple130326_175649.jpg

レベル帯もこうしてばらばらです。

こうして人が沢山集まる集会所(?)は、

ロミジュリを除けばモンスターパーク以来だと思います。

賑やかなのはそれだけで楽しいですし、交流もあるという正にオンラインゲームの醍醐味

最も200Lvでは野良で入りづらかったので、椅子に座って見ていただけでしたが・・・









こうして見ると、やはりver3.10は良アップデートだったのではないかと思います。

主にハイパーが実装された職とそうでない職の間の格差や、

アップデートと直接の関係は無さそうなもののMTSが使えなかったり等、

まだまだ問題はあるのですが、それはこれから修正されていくことでしょう。

このゲームは確実にいい方向に進んでいると思います。














そうだ、限界突破されたのもこのアップデートですが、


Maple130326_180048.jpg

これも忘れちゃいけないな。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

フリーエリア
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

rizyet

Author:rizyet
234Lvパラディン。
ニコ生コミュニティ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク