2013-07-25(Thu)

リンクスキル。

最近になって徐々にアブラゼミが鳴き始めてきました。

ちょっと前まではミンミンゼミが少数で静かだったのに・・・日中はうるさくなりそうです。

私の家は目の前が木々でいっぱいなのでセミだとか何だとかは非常に多いです。

代わりに都心のくせに夕方にはヒグラシが鳴き始めます。



















先日のアップデートでリンクスキル改変がありました。

まだあまり触れていないような職業に触れる為にも、一通り120Lvを目指すことに。


Maple130723_132120.jpg

まずはこれを買う所から。本当は無しで頑張ろうと思ったんですが・・・惰性が勝りました。







Maple130723_141548.jpg

まず育てたのはメルセデス。EXP上昇のリンクスキルを他のキャラ育成にも役立てる目論見です。

とにかく火力が無くてつらかった。押しスキルで一々蹴り上げてしまうのも何とも言えません。

しかしイシュタルのリングは撃ち応えが凄かったです。

この手の暴風系スキルを撃った事自体が初めてだったので、感動もひとしお。







Maple130723_154039.jpg

お次にルミナスよくわからないSSしか残っていませんでした。

こちらはとにかく狩り性能が凄まじかったです。

特にモンスターパークエクストリームでの効率は郡を抜いており、

一人で笑い出してしまう程には気持ちよく狩れました。







Maple130723_182203.jpg

ファントムも対複数性能はそれなり。しかしこちらも火力は低かったように思います。

押しスキルを使ってもカルトによるKBが先に出て押せない、という事態が多く、ちょっとストレスに。

それでもHSを盗んでおいたお陰で経験値効率が補われ、結果的には素早いレベリングが可能でした。







エンジェリックバスターなのですが、SSが吹っ飛ぶという不祥事。

3次時点では狩りづらく先が思いやられましたが、

4次してプライマルロアやアフィニティーⅣを取得する事で化けました。

これならサブとして動かしてもいいかな、と思ってしまうくらい。

シューターも値崩れしましたし、暇潰しの択としては悪くないかもしれません。














そんなこんなで無事既存のリンクスキル持ちは全員120Lvを達成。

何だかんだスペシャルクーポンの存在は大きかったです。無かったら心折れてたかも。


Maple130725_130524.jpg

肩の荷が下りたところでゼノンを作成しました。




Maple130725_130512.jpg

ステータスの自動配分はマルチラテラル対応型に。

ここらへんの親切な感じが最近のメイプルのいい所。スムーズに育成を進められます。




Maple130725_143720.jpg

狩りでの主力はイオンスラスター。キー押しっぱで平地なら敵を殲滅出来ます。




Maple130725_143738.jpg
居眠り運転







Maple130725_150135.jpg

育成チャートとしては、

~30Lv:チュートリアル
~35Lv:キノコ城
~45Lv:カニスク
~50Lv:ルディらへんのを適当に

といった感じ。

ルディらへんのを適当に狩っていたのは、

レベル差によるEXP減少制によって早期段階からモグラが狩れなくなった為。


Maple130725_154253.jpg

50Lvからは毎度やっては心が折れるクリセに挑戦。

・・・しかし今回も、槍を持っていく→もう一度槍持ってこい・・・倍プッシュだ・・・!

というところで精神が折れました。

結局55Lvくらいからモグラを狩り始め、65LvくらいでC-2へ。

ここらへんは定番の狩りルートですね。特に後者はレベル差ペナルティ関係無しにおいしかったです。

最終的にゼノンは現在92Lv。早いとこ120にして、デーモンアヴェンジャーに備えたいです。


















Maple130725_134420.jpg

ゴーレム寺院に運送って・・・どんな運送会社?
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

フリーエリア
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

rizyet

Author:rizyet
229Lvパラディン。
ニコ生コミュニティ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク