2015-06-03(Wed)

お久しぶりでスウ

お久しぶりです!

5月の更新は結局装備一覧を更新した一度きりになってしまうという体たらくでした。

鴨川に旅行にいってからも1ヶ月程経っていますね・・・あの頃に比べると随分暑くなりました。

長らくお待たせして申し訳ございません。

ネタはありすぎて更新がまたクソだるくなってくる程には沢山あるので、

ちょくちょく更新していきます。



















暫く更新停止している間にあった一番アツい事と言えば、


Maple150528_205605.jpg

スウが実装されました。私は友人に事前に誘われていたので、

生活リズムの関係上時間が合わない事もありましたが、参戦させて頂ける事に。














Maple150528_203326.jpg

いざやってみると1段階が難しい、2段階も意外に事故る、

と非常に難解でしたが、初めてPT参加した際にどうにか3段階まで辿りつきました。

この時はそもそも参加人数が5人でしたが、3人が3段階に突入。




Maple150528_204340.jpg

3人でしたがここまで削ることは出来ました。

初めて3段階に行った割には上々だったと思います。














Maple150529_233538.jpg

二度目の参戦。この時はパラディンの生存力を発揮して、

最後まで生き残る事が出来ました。

やはりサクロはスウにおいても効果抜群

私の場合、危ない場合に発動するというよりは殴りたい場面に積極的に発動していました。




Maple150529_234248.jpg

確か残り時間2分台まで生き残り、ここまで削れました。

この時はPTも6人だったこともあり、ひとまず火力的には足りていそうだという結論に。














その後もちょくちょく参加させて頂いていましたが、

Maple150530_002749.jpg


Maple150531_002656.jpg

条件がわからないのですが、3段階の終盤で不正探知がはたらいたりしました。

ハードマグナス同様、粉砕機も含めて凄い量の隕石が降ってきます。

特に2枚目のSS時、デスカウントが1つ残っているにも関わらず、

復活時外に出されたりもしました。

といってもこれは戦闘中に起こるという訳ではなく、

PT員の殆どが死亡している時に発動していたので、

特別致命傷というわけではありませんでした。












そして昨日。

もうこの頃にはあずさ・ゆかり・さくらの3サーバーで討伐が確認されており、

私達も早いとこ討伐しないとな、という焦りを感じつつ参戦。


Maple150602_233950.jpg

遂に討伐出来ました・・・!

この回は私はつまらないミスで結構死亡しており、最後まで残れるか不安だったのですが、

何とか生き残り、討伐に立ち会う事が出来ました。




Maple150602_234051.jpg

この時は2段階終盤で一人落ちてしまった方も居るので、

入場リセットがきたら再び討伐しにいきたいところです。

久しぶりに燃えるボスでした。お疲れ様でした!!

尚PT員の紹介等についてはこちらのブログを参照ください。














Maple150603_000701.jpg

ひとまず同じくパラディンでスウに参戦しようと思っている方々に向けて幾つか助言をば。

まず、パラディンの割合軽減は恐らくスウ戦ではほぼ機能しません

隕石全般は勿論、1段階のレーザーも問答無用で即死します。




Maple150603_032907.jpg

ただ、ブレッシングアーマーのガード効果は3段階の紫球において有効のようです。

最もこのスキルは一目でガード効果が残ってるか判断しづらいですし、

あまり頼りきれるものではないと思います。

基本的には聖のシェルに頼りましょう。




こういう訳でカオスアビスのようにゴリ押しが通るわけではないので、

基本的には補助をかけつつセオリー通りに戦闘する職なのですが、

使いどころを考えるべきスキルが2点あります。


Maple150603_033219.jpg

まずはパラディンの奥の手、サクロ

文中にもありましたが、スウ戦では危ないと思ったときには既に気絶だったりして、

危険だと判断してから使おうとしてもうまくいかないことがあります。

サクロにはCT発生→効果発動の間に僅かな間があり、

この時に死ぬと死んだのにサクロのCTは発生している

という最悪の事態になることもあります。

少なくとも一刻を争う時に連打して発動するような事はリスキーです。

そこで、あくまで攻め手として発動してしまうのがベターでしょう。

敵の体力を削る事でそれだけ段階の終了が早くなり、

即ち自他PT員が事故死する可能性も低くなる事に繋がります。

特に1段階では2段階でサクロを使わないことを前提にすると、

基本的に1段階のどこで使っても3段階に入る事にはCTが回復するので、

そういう意味でも抱えるのは勿体無いです。

但しある程度危機回避を兼ねて発動するのがベストなのは間違いないです。







Maple150603_033210.jpg

次にこのスキル。復活時にかかる無敵はサクロと同様の効果を持っています

この事実はPT員と共有して、使う場面を確立するといいでしょう。

例えば全員死亡で復活→ドアをかける際、先にPDが復活し、

一人にこれをかける→全員復活、とすると無敵分おいしいです。

CTが長いので1段階で1回、3段階で1回発動するのが限度でしょうが、

強力なスキルなのには間違いないでしょう。



















ではまたぼちぼち・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

フリーエリア
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

rizyet

Author:rizyet
234Lvパラディン。
ニコ生コミュニティ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク